WordPressで更新情報をTwitterやFacebookへ共有する方法

jetpack-publicize

WordPressでブログを書いていて、Twitterもやっているしフェイスブックページもやっている、というフリーランスの方や自営業の方は知っておいてもいい情報。

WordPressで更新した情報を自動でTwitterやフェイスブックページでも更新

すごく簡単ですので、Webに詳しくなくてもWordPressでプラグインがインストール出来れば問題ありません。
この機能を使うにはJetpack by WordPress.comというプラグインを入れる必要があります。

 

Jetpackとは

正式にはJetpack by WordPress.com
すごく便利な機能がてんこ盛りのプラグインというところです。
その中のひとつにパブリサイズ共有という機能があり、今回はそれを使います。

インストール方法等は割愛します。
一応プラグインのURLだけ。

WordPress › Jetpack by WordPress.com « WordPress Plugins

 

設定方法

Jetpackのインストール等が終わると、管理画面のメニューに「Jetpack」がありますので、そこから「設定」を選択。

キャプチャ150217-01

 

ズラ~と並んでいる機能からパブリサイズ共有を選び、「設定」を選択。

スクリーンショット 2015-02-15 19.12.05

 

パブリサイズ共有

スクリーンショット 2015-02-15 19.08.24

以下のSNSと連携が可能です。

  • facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Tumblr
  • Path
  • Google+

私はfacebookとTwitterで連携しています。

方法は簡単。

「連携」と書かれたボタンをクリック。するとログイン情報を求められるか、既にログイン済みの場合は共有確認がありますので、それを許可するだけ。

一つのサービスで複数のアカウントと連携したい場合には「新規追加」で追加してください。

キャプチャ150217-02

 

共有ボタン

記事を共有するボタンを簡単に追加できます。

ここではボタンを追加したいサービスを選びます。

キャプチャ150217-03

下の「有効化済みのサービス」へドラッグすればOK。

標準で以下のサービスが用意されています。

  • メール
  • 印刷
  • facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Reddit
  • StumbleUpon
  • Google+
  • Tumblr
  • Pinterest
  • Pocket

他にも使いたいサービスがあれば追加は可能です。

キャプチャ150217-05

ボタンのデザインカスタマイズは次の項目で決めます。

 

ボタンスタイル

選択できるのは4種類。

 キャプチャ150217-04

  • テキストのみ
  • アイコンのみ
  • アイコンとテキスト
  • 公式のボタン

自分のサイトに合わせ決められます。シンプルにアイコンのみがいい感じですね。

 

共有ラベル

ここに記載した内容が共有ボタンの左側に表示されます。

 

リンクを開くウィンドウ

同じウィンドウ内で開くか、新しいウィンドウで開くか決められます。

 

ボタン表示

表示するページを決めます。

 

Twitterサイトタグ

デフォルトでは@jetpackになっていますのでドメインの保有者Twitterユーザー名を入れましょう。

 

CSS と JavaScript を無効化

このオプションは普通の人はチェック入れ無くて大丈夫です。ゴニョゴニョする人は使うかも。

 

更新すると表示される内容

facebook

キャプチャ150217-07

カスタムメッセージと短縮URLが表示され、記事タイトルとアイキャッチも表示されます。作成者も表示されるんですね。

Twitter

キャプチャ150217-06

カスタムメッセージのみが表示されるようです。

 

まとめ

すごく簡単に更新情報の共有できます。他にもJetpackは多くの機能があります。おすすめなので使ってみて下さい。

jetpack-publicize

ABOUTこの記事をかいた人

Tetsu

都内で働くWebディレクター。ディレクターになる前は某アパレルブランドにて勤務。「なんとなくおもしろい」という理由でこの業界にいる。このブログもなんとなく続けてます。Twitterはやっていません。