Illustrator(イラストレーター)使い方

Illustrator「別名で保存」したPDFのサイズを軽量化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
illustrator-pdf-5

IllustratorでPDFファイルを作成した場合に画像が多いデータの時、デフォルトの設定のままだと非常にファイルサイズが大きくなります。これではどこかへ送る時などまずいため、ちゃんとサイズダウンをして保存しましょう。

IllustratorのversionはCS6です。

画像が多いとサイズが大きくなってしまいがちなPDFファイル

久しぶりにIllustratorを使用し、何の気なしにPDFで別名保存したところファイルサイズがすごく大きくてびっくり。

illustrator-pdf-1

8.4MB!!(ファイル名はリネームしました)
これでは送る時などに非常に不便。保存の際にちょっと設定を変えるだけでファイルサイズは大分小さく出来ます。

これだけ抑えておけばOK!別名で保存するときの設定

下記の部分だけ抑えておけば問題ないかと。

Illustratorの編集機能を保持のチェックを外す

illustrator-pdf-2

誰かに送る用にPDFを作成するわけですから外して問題なしです。

圧縮でダウンサンプル(バイキュービック法)を選択

illustrator-pdf-3

カラー画像、グレースケール画像、白黒画像すべてダウンサンプルなしになっていると思いますが、これをダウンサンプル(バイキュービック法)にします。
この圧縮方法でなくても良いですが、これが一番圧縮できる場合が多いです。

画面上のみでの使用であれば72ppiで、印刷する可能性がある場合は150ppiに。

圧縮形式は「ZIP」のままでも良いのですが、カラー画像、グレースケール画像は「JPEG」が一番効果があります。

設定をちゃんとしてあげるとファイルサイズは大きくダウン

上記の設定で保存してみると、

illustrator-pdf-1

設定変更前は8.4MBだったものが

illustrator-pdf-4

108KB!!全然違いますね。これならメールで送っても問題無いですね。
画像の粗さなどはほとんどわかりません。

ちょっとの設定で大きくファイルサイズが変わりますので、覚えておくと良いですよ。

Facebookページでも同じ情報を流しています。いますぐ「いいね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。