Google Chrome

Google Chromeを64bitにしたら確かにちょっと早くなったよって話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google-Chrome64bit

何やら2chでGoogle Chromeを32bit版から64bit版に変えたらサクサク動くようになったという記事が話題です。ふーんという感じで読んだのですが、そういえば会社のWindows機が結構重いなーと感じていたのと、自宅のMacも確認してみようと思ったのでちょっと調べてみました。

自分のChromeが32bitか64bit調べる方法

さてまずは確認せねば。ということでおそるおそる調べてみました。

Mac版

非常に簡単です。まずはGoogle Chrome立ち上げて右上の「Chrome」から「Google Chromeについて」をクリック。

Google Chrome-mac

すると設定の概要が開きますのでそこに書いてあります。

Google Chrome-mac-2

Macは64bit版を使ってました。あまりこのMacBook Proでは重いなと思ったことなかったです。

ITmediaの記事を見ると2014年11月18日にMacは64ビット版になっていたみたいですね。

Windows版

Windowsはタスクマネージャーから確認します。

Google Chromeを立ち上げた状態で、タスクマネージャーを立ち上げると

Windows Google Chrome

 

32bitやないですか….。

ということで早速64bitにすることに。

 

64bit版Google Chromeのインストール方法

まずは<a href=”https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html” target=”blank”>Chrome ブラウザ</a>にアクセスします。

「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード」をクリックすると出てくるウィンドウに「Windows 8/7 64-bit」とありますのでそこからダウンロード。

インストーラーを起動すれば、特に32bit版をアンインストールなどしなくても、64bit版になります。

64bitになったかどうかは「タスクマネージャー」から確認できます。

体感的にはGoogleスプレッドシートを複数立ち上げたら前は結構重いかもと感じましたが、サクサク動いてるような気もします。

【余談】64bitと32bitの違いは何?

 

ぶっちゃけ私はよくわかりません。

が、なんとなく簡単にいえば今までよりも扱える大きさが増えるからパフォーマンス上がるよってことだと思います。(超なんとなくなので違うかも)

しかも、ハード側(この場合で言えばOS)も64bitでないと効果はありません。

ここは重要。32bitのOSではGoogle Chromeを64bitにしても意味ないってことですね。

いい感じの説明貼っておきます。

64ビットと32ビットの違い|IT|空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス

Facebookページでも同じ情報を流しています。いますぐ「いいね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。