Webデザインの参考に!いつか利用するかも?お葬式・葬儀関係のWebサイト8選

仕事で葬儀・お葬式関係のWebサイトを沢山見たので、その中からよさ気なお葬式のWebサイトをまとめてみました。

葬儀社アーバンフューネス

葬儀・家族葬・お葬式なら葬儀社アーバンフューネス
http://www.urban-funes.com/

ヤフー株式会社の子会社がやっている葬儀屋さん。
メディアで紹介されたことを強めに訴求していますね。
とにかく情報が細かいのが特徴で、テキストで可能な限り構成していて、ある意味ヤフーっぽい。
シンプルで清潔感のあるデザインです。

葬儀社グランドセレモニー

東京都の葬儀・お葬式・家族葬は葬儀社グランドセレモニー
http://www.grandsougi.co.jp/

価格の透明性を打ち出しています。
先ほどのアーバンフューネスも、Web上で集客を狙っている葬儀屋さんのほとんどが価格の透明性を謳っています。
やはりお葬式=いくら掛かるかよくわかんないというのが世間の印象なのでしょう。
デザインは安心感のあって花柄が印象的です。

小さなお葬式

葬儀・葬式なら小さなお葬式
http://www.osohshiki.jp/

「小さなお葬式」というキャッチコピーがいいですね。
スタッフの顔写真がたくさん掲載されています。
情報量が多い印象を受けますね。価格の透明性を打ち出そうとすればするほど情報に溢れてしまうのが業界の特徴なのでしょうか。
イラストも使い、色使いも多いので賑やかな印象なサイトです。

いい葬儀

葬儀・お葬式と葬儀社選びは【いい葬儀】今なら弔慰金進呈
http://www.e-sogi.com/

日本最大級の葬儀ポータルサイト。
全国の葬儀社を地域や路線、地図から検索できます。葬儀版食べログですね。
運営会社の鎌倉新書では他にもお墓や仏壇仏像のポータルサイト運営をはじめ、仏事供養関連企業のWebコンサルまでしているようです。ニッチ故に強いということでしょうか。
デザインは万人受けしそうな安心感のあるデザインです。

日比谷花壇のお葬式

葬儀・葬式・家族葬なら日比谷花壇のお葬式
http://www.hibiya-lsp.com/

フラワー関係のサービスを複数展開している株式会社日比谷花壇のお葬式専門サイト。
最近のお葬式では花祭壇が多いです。たくさんの実例を掲載し、イメージが湧きやすいですね。
デザインも花の入っている写真をふんだんに使い、サイト自体はシンプルなデザインですが、華やかな印象があります。

シンプルなお葬式

必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円 格安葬儀
http://www.xn--t8j4c7dy42mj9kt8e4tsjg7cfa.net/

葬儀にほんとうに必要なものだけに絞ることで低価格でのお葬式を提案しています。
デザインもシンプル…と言いたいですが、そこまでシンプルではないですが他に比べるとシンプルなデザインといえるかもしれません。

花葬儀

葬儀・家族葬なら株式会社リベントの「花葬儀」
http://www.hana-sougi.com/

フラワーデザイナーとつくり上げるこだわりのお葬式が売りの葬儀屋さんです。
デザインはシンプル目で、こちらも写真を引き立たせたいという意図なのかなと思います。

典礼会館

葬儀は【生きる、お葬式。】典礼会館へ
http://www.tenreikaikan.com/

THE葬儀屋さんという感じのWebサイト(私がイメージしていた葬儀屋さんってこんな感じ)
落ち着いた色使いで見やすく作られているなと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
正直、お葬式っていくら位お金かかるのかよくわかりませんでした。なんとなく何百万くらいって感じで。
ざっと見た印象で、リスティングにも力を入れていたりするサイトほど料金の明瞭性を訴求している印象です。そこでの問題点として、多分料金を明瞭にしようとすればするほど、記載情報が増えて見づらくなっていくのだと思います。
お葬式のサイトでも結構今風なサイトがたくさんあって驚きましたね。

 

こちらもどうぞ

[2015年版]現役Webディレクターが個人的に実務で使ってるWebサイトデザインリンク集7選

【2015夏】IT業界、Webに強い転職サイトのまとめ7+2

ABOUTこの記事をかいた人

Tetsu

都内で働くWebディレクター。ディレクターになる前は某アパレルブランドにて勤務。「なんとなくおもしろい」という理由でこの業界にいる。このブログもなんとなく続けてます。Twitterはやっていません。