Buffer使ってTwitterとFacebookなど複数にブログ更新情報を自動投稿する設定方法

Buffer-postauto-eye

多分これが自分的に今のところベストな方法。
Bufferをメインに使用してブログの更新情報を自動で投稿する方法。これならクリック数などの解析も簡単にできます。

これまでの設定はどんなかんじだったのか?

これまでも自動投稿は行っていました。
いちいちTwitterやFacebookに手動で投稿するのが面倒だったので。
(手間ひまかけられる人は自動ではなく手動をおすすめします。絶対そのほうが効果出ます)

そんなの興味ない人は飛ばして下さい。

Bufferを使って自動投稿していく方法に変えるまでは以下の様な設定で自動投稿していました。

JetpackでTwitter、Facebook、Google+に新着更新を投稿

新着記事の更新情報はJetpackのパブリサイズ共有で行っていました。
その方法を記載した過去記事はこちら

その日更新した記事を再投稿

これはBufferで元々行ってました。
IFTTT→Bufferで新着記事更新情報を時間をおいて再ツイート。
以下のレシピで。
自分のブログで使う場合はURL変えてね。

IFTTT Recipe: ブログの更新情報をBufferにストックする connects feed to buffer

Revive Old Postを使って過去記事のツイート

wordpressのプラグイン「Revive Old Post」を使用して、過去記事を定期的にツイートするように設定。

クリック数やリツイートなどの効果がわかりにくい

ただTwitterやFacebookへ自動投稿するだけであれば、上記の方法で問題なかったのですが効果が測りにくいという点が気にかかりました。

Twitterなどでは短縮URLを使用するほうが文字数制限などの関係上良いです。そもそも私はしていなかったので、短縮しなきゃなと思った時、このままだとそれぞれ別の形式の短縮URLになってしまう事に気づきました。

  • Buffer→buff.ly
  • パブリサイズ共有→wp.me
  • Revive Old Post→wp.memまたはis.gdまたはbit.ly

これだと面倒くさいと思い、最初bit.lyを検討しましたがbit.lyは誰でも効果を閲覧できてしまうので、なんかそれもやだなと思いました。

※bit.lyはURL末尾に+をつければ効果が見れます。

ということで再度設定を見直すことに。

で、いろいろ考えた結果Bufferに統一することにしました。

見やすいしね。

 

BufferとZapierで記事更新情報を各SNSにストック

さてまずはブログの新着記事更新情報を自動投稿する方法です。

これははじめIFTTTを使おうと思ったのですが、意外な落とし穴があってIFTTTを使う場合、フィードを取得してBufferに飛ばすことになります。

その場合、1つのSNSにしかストックさせることが出来ないということです。

私の場合だと、Twitter、Facebook、Googl+の3つへストックさせたかったので別の方法を検討。

結果BufferとZapierを使うことに。

Zapierを使わなくてもWP to Bufferというプラグインで解決できますが、できるだけプラグインは使いたくないので私はZapierを使用することにしました。

Buffer(バッファ)ってどんな風に使うの?

Buffer-postauto1

簡単に言うと、各SNS投稿を貯めておいて決められた日時に代理投稿してくれるサービスです。

例えば深夜にブログ更新したけど、そのタイミングでSNSに投稿しても多分みんな寝ていて起きてTwitter開いてもタイムライン流れちゃって見ないかも。

それなら、通勤時間やお昼休み中の時間を狙って投稿してあげたほうが目にしてもらいやすくなりますよね。

こんな感じで使用している人が多いサービスです。

Bufferにアカウントを持っていないorSNSを認証していない方は先にやっておいて下さい。

Buffer – A Smarter Way to Share on Social Media

補足記事:ブログがバズる確率を上げる!SNS予約投稿ができる「Buffer」の登録・設定方法

Zapierって何?

ZapierはIFTTTのようなサービスです。

IFTTTと違う点はレシピ数が5件まで(無料の場合ね)なのと1ヶ月の最大タスクに制限がある点です。

タスクというのは連携させることが出来る回数のようなもので、それが無料プランだと月100回までです。

私の場合だと、ブログの更新情報をTwitter、Facebook、Google+の3つに連携させる。

ブログの更新頻度は多くて一日1回。月最大31回。

ということでレシピ数は3つで良いし、最大でも93タスクで済むため問題ありませんでした。

ちなみにZapierでは他人のツイートを検索し、ブログのシェアしてくれた人を自動収集するような使い方もできるようです。

参考:任意のツイートをトリガーにできる Zapier で、気になるつぶやきを iPhone にプッシュする | Simple Living

Zapierの設定

とりあえずZapierにアカウントを作成。

Buffer-postauto3

「Make a Zap」からレシピを作成します。

Buffer-postauto4

まずはトリガーとアクションを選択します。

Buffer-postauto5

トリガーにはフィードを。

アクションにはBufferを。

Buffer-postauto6

 

Bufferのアカウントを登録します。

Buffer-postauto7

 

FeedURLを入力します。

wordpressのサイトであれば大抵「URL/feed/」です。

 

Username、Password、What Triggers a New Feed Item?は未入力・デフォルトのままでOK。

Buffer-postauto8

 

 

連携するBufferのSNSを選びます。

Textには「[新着記事]Title Linkで」いいと思います。

Photo URLは未入力でOK。

Top?はBufferへのストックで先頭に持ってくるか否か。

Now?はすぐに投稿します。(多分)

Buffer-postauto92

ここではテストが出来ます。

やってみましょう。

これ、実際にBufferへストックもされますのでそこは要注意

OKなら「Continue」

Buffer-postauto9

同じことを後2回行います。

Twitter、Facebook、Google+を登録しましょう。

以上で設定完了。

これでブログに新しい記事を更新したら、Bufferへストックされます。

BufferとIFTTTでツイッターへ直近の更新情報を再投稿

以前から行っていたことですが、引き続きやってます。

IFTTTを使ってます。 自分のブログで使う場合はURL変えないとダメですよー

IFTTT Recipe: ブログの更新情報をBufferにストックする connects feed to buffer

Twitterのみブログの更新情報を2回流してます。

これはTwitterの特性上、時間帯などによって見逃されやすいからです。
けど2回が限度かなと思います。それ以上はうざいと思うので…。

 

Buffer My Postで過去記事をTwitterへランダムに投稿

さて、最後は過去の埋もれた記事を再掲するための設定です。
これは仕方ないのでプラグインを使用します。
使用するプラグインは「Buffer My Post
ダウンロードして追加するか、管理画面から検索して追加し、有効化して下さい。

このBuffer My Postを利用するにはBufferの開発者向けサイト「Buffer Developers」での登録が必要です。
Bufferにログインした状態で以下のサイトで登録をしましょう。
Buffer – Developers

Buffer DevelopersでAccess tokenを取得

Buffer-postauto10

上記の画像のような感じでOKです。

  • Name:Buffer My Post
  • Description:To post entry by WordPress Plugin
  • Website:自分のサイトURL
  • Callback URl:自分のサイトのフィードURL

これでCreate Applicationをクリック。

Buffer-postauto11

Access Tokenをコピーしておきましょう。

Buffer My Postの設定方法

ではBuffer My Postを設定していきます。

Buffer-postauto12

上記画像は入力後の状態。

  • Your Buffer App Access Token:こちらに先ほどコピーしたアクセストークンを入力
  • Post Format:ポストされる形式です。私は[過去の良記事] {title} {url}こんな形で。
  • Minimum interval between posts:Bufferへ送る間隔です。12で12時間毎に共有されます。
  • Minimum age of post to be eligible for post:これはBufferへ再ストックするまでの最低期間です。例えば30とすると30日間は再送信されません。
  • Maximum age of post to be eligible for post:これはBufferへストックしなくなる経過日数です。例えば90とすると90日以上前に書かれた記事は再ストックされなくなります。
  • Number Of Posts To Post:これは一回にストックされる記事の数。多すぎてもあれですので1で良いと思います。
  • Post Type:投稿だけか固定ページも含めるかを設定できます。普通はPost Onlyでいいと思います。
  • Accounts:ここにBufferで認証してあるSNSが表示されます。一度設定を保存すると表示されますので最初は空白のはずです。
  • Enable Log:ログを取るか取らないか。
  • Categories to Omit from posts:ストックする記事で除外したいカテゴリーがあれば選びます。末尾のExclude specific postsから記事単位での除外設定も可能。

OKであればUpdate Buffer My Post Optionsをクリック。

Buffer-postauto13

先程は表示されていなかったAccountsが表示されます。Twitterにチェックを入れて再度Update Buffer My Post Options。

以上で終了です。
お疲れ様でした。

まとめ

SNS運用は通常手間のかかるものです。
できるだけツールで楽できるところは楽できるようにしていきたいですね。
とりあえずこれでBufferからクリック数やリツイートの数などがざっと見ることできるようになるので、今後時間帯の良し悪しやタイトルの付け方の参考にしていきます。

最後の過去記事を再ツイートする頻度ですがあまり多すぎないほうが良いです。特に更新が止まりがちな時期があれば、一旦停止するなどしてフォロワーがうざいと思わないようにしましょう。

最近Web担当者になったばかりでSNSよくわからに人はSNSっていやどういうことよ?ってのがわかる本でも読みましょう。
完全に概要のみなのでサラッと触りだけ知るにはちょうどいいですよ。

Buffer-postauto-eye

ABOUTこの記事をかいた人

Tetsu

都内で働くWebディレクター。ディレクターになる前は某アパレルブランドにて勤務。「なんとなくおもしろい」という理由でこの業界にいる。このブログもなんとなく続けてます。Twitterはやっていません。