Webサイト制作の修正指示は「AUN(あうん)」で効率化して退社時間を10分でも早くしよう

今日も残業しているWebディレクター

Web制作の仕事はとにかくやらなきゃいけないタスクが多く、忙殺されてしまいがち。毎日毎日残業でうんざりしているWebディレクターも多いはず。できるだけ効率化できる作業は効率化をし、「AUN(あうん)」を使って10分でも早く退社出来るようにしていきませんか?

修正指示の積み重ねは地味に残業時間を伸ばしていく

今日も残業しているWebディレクター

さて退社時間を早めるにはどこかで業務を効率化して行く必要があります。

企画や施策内容を考えるようなプランニングの部分(頭に汗をかかなきゃいけない所)はしっかりと時間を掛けることが必要だと思います。すべての作業の中でココが一番時間の掛かるところですし、掛けるべき部分。

頭を使う部分は個人によって手法にも差がでる部分ですので一概に効率化というのは難しい。ではもっと、あんまり頭は使わなくていい部分を効率化していきたい。

Webディレクターの主な仕事の一つに、デザイナーなどへの修正指示がありますよね。ルーチンワークとまでは言わないけど、上がってきた物への戻しだったり、クライアントからの要望をWebディレクターで最適化して指示を出すところはそこまで頭は使いません。
この作業、1回1回は大した時間ではないけど、積み重ねれば大きな時間に。
要はこの作業はデザイナーさんなどへ「正しく伝われば良い」わけで、口頭でもいいし、紙に書いてもいいし、PowerPointやPhotoshopで指示を出してもOK。
口頭が一番早いのかもしれないけど、デザイナーさん側の事考えるとテキストとかは起こす必要あるし、そもそもリモートで働いてもらっている場合もあり、現実的ではありませんね。
ということでそんな、修正指示が超速になるAUN(あうん)をご紹介。

AUN(あうん)とは

aun(あうん)

ビジュアルコミュニケーションツール – AUN[あうん]

公式の説明では

ふせん紙の感覚で、サイトや画像にメモを貼って、共有できるツールです。

とあります。
要はサイトのキャプチャや画像にサクサク指示を記入したり、そこにファイルを添付したりしたものをパスワード保護できるURLでほかの人と共有ができるという修正指示のために存在するような素晴らしいツールです。
しかも、面倒な登録などがいらなくて、かつ無料で使えてしまうという太っ腹仕様です。

AUN(あうん)の利用方法

基本的に直感的に利用できるUIですので迷うことはないはず。
このあたりもユーザー体験を考慮されてるなーと感じます。

なので簡単にご説明。

URLでも画像ファイルでもコピペでもOK

aun-1

指示を記入するページはURLでからでも画像ファイルをアップロードするでも、クリップボードからのコピペでもOK。

URLの場合、デバイス別にデスクトップ、タブレット、スマートフォンと選択できます。

操作自体は、指示箇所を四角で囲って、必要なテキストを入れたり、ファイルを添付してあげます。

めちゃ簡単。

aun-2

 

ページの追加もパスワード保護も出来ます

aun-3

修正指示が複数ページに渡る場合はページの追加もできますし、右上の保存から、パスワード設定も出来ます。
そうして保存すると、共有用のURLが発行されますので、それを何らかの手段で伝えてあげればOK。

作業者(デザイナーさんとか)は修正したものにチェックをつけられる

aun-4

修正作業をする人は終わったタスクにチェックを入れられます。
かつ、エクスポートもできるよ。

Webディレクターはもっと頭に汗かく内容に集中したいよね

いかがでしたか?
こういった積み重なると結構な時間になっていそうな作業はできるだけ便利なツールに頼って効率化をしましょう。
そうすることで、もっと良い成果物ができるでしょうし、より高い効果を出せると思います。それに仕事に追われすぎてるとなかなか他のことに時間を取れず、スキルアップは難しいと感じてます。
本読むにしても、勉強するにしても、誰かと会うにしても時間が必要ですからね(自分に言い聞かせてます笑)。
ぜひ、知らなかった人は使ってみてくださいね。

今日も残業しているWebディレクター

ABOUTこの記事をかいた人

Tetsu

都内で働くWebディレクター。ディレクターになる前は某アパレルブランドにて勤務。「なんとなくおもしろい」という理由でこの業界にいる。このブログもなんとなく続けてます。Twitterはやっていません。