Google Analytics

もしかしてマスターのビューにフィルタかけてない?アナリティクスでは必ず分析用のビューデータを作成しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Analytics-filter-2

Googleアナリティクスではフィルタという機能を使用し、各ビューに対して記録しないで欲しいアクセスを除けます。ですがフィルタをかけてしまうと、フィルタを適応していない状態のアクセスは取れませんので注意が必要です。

Googleアナリティクスのフィルタ機能ってなに?

フィルタを使用すると、ビューに表示されるデータを制限、変更できます。たとえば、フィルタを使用して、特定の IP アドレスからのトラフィックを除外したり、特定のサブドメインやディレクトリのみに着目したり、動的なページの URL をわかりやすいテキスト文字列に変換したりできます。

引用元:ビューフィルタについて – アナリティクス ヘルプ

主に、自分のアクセス・会社の人間のアクセスを除外したい時や、リファラスパムなどを弾くためにフィルタを利用したりしますね。
このフィルタですが、間違ってフィルタを掛けてしまって必要なデータが全く取れていなかったとしても、データは復活できません。除外されてしまうのでどうにもなりません。
なので、必ずフィルタが何も適用されていないビュー(マスタービュー)とは別に分析用のビューを作成して、フィルタを適用しましょう。

Googleアナリティクス新しいビューの作成方法

新しいビューの作成は「アナリティクス設定」で「ビュー」の種類を選ぶメニューの下にあります。
Analytics-filter

ここから新しいビューを作成し、必ずフィルタを適用していないマスタービューを確保しておきましょうね。

 

今日はちょっと手抜きですがここまで。アナリティクスは本当に設定項目が多くて目的のデータを見るまでに時間と、理解が必要です。
最初はセッションベースのセグメント?イベントトラッキング?という感じでちんぷんかんぷんでしたが、触っているうちに慣れますのでWebディレクターでも積極的にデータの分析は行っていきたいですね。

Googleアナリティクスを学ぶ上でおすすめの本です。

Facebookページでも同じ情報を流しています。いますぐ「いいね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。