All in One SEO Packを最大限活用するための方法【WordPressプラグイン】

WordPressには非常に便利で使いやすいプラグインが豊富に揃っておりその中でも内部SEO対策に利用している人も多い「All in One SEO Pack」

少しの労力で最大限のSEO効果を生むためにもWordPressでサイトを持っているなら必ず入れておきたいプラグインの1つです。

その「All in One SEO Pack」のインストール方法、わかりにくい設定の方法を以下解説。

 

内部SEOにおける最大のポイントはタイトル

Googleの度重なるアップデートでそれまでいくらか外部被リンクをガンガン与えてあげれば上位表示が可能だった頃は終わり、検索ユーザーにとっても嬉しい、コンテンツの優れたサイトが上位表示されるようになってきています。

Googleのポリシーからもその傾向は今後もっと進むと考えられます。

その時に重要なのがタイトルです。そのタイトルを記事ごとに簡単設定できるのがAll in One SEO Pack。

一言断っておきますが外部対策が重要ではないと言っているわけではありませんのであしからず。(むしろまだまだ外部対策のほうがSEOにおける効果の比重は大きいです。)

 

インストール方法

左側のダッシュボードメニューから【プラグイン→新規追加】をクリックし「All in One SEO Pack」と検索するとおそらく一番上に出てきます。

プラグインのインストール - Cloud Nine 海辺で昼寝の気まま生活 - WordPress

 

未インストールの場合には画像の【いますぐ更新】の部分が【いますぐインストール】になっていますのでその【いますぐインストール】をクリック。

インストール完了後、【プラグインを有効化】をクリックしてプラグインを有効化して下さい。

これでインストールは完了です。

 

All in One SEO Packの設定

左側のダッシュボードメニューの【設定】の中に【All in One SEO】がありますのでクリックして設定していきます。

項目が多いですが基本はデフォルトでOKです。

いくつか重要な箇所を説明していきます。

 

プラグイン状況

初めは【Disabled】にチェックが入っていますが使用するため【Enabled】にチェックを入れて下さい。

これでAll in One SEOが適用されます。

All in One SEO - Cloud Nine 海辺で昼寝の気まま生活 - WordPress

ホームタイトル

サイトタイトルになります。設定しない場合には基本情報で設定したブログタイトルが適用されます。

ホーム詳細(Description)

トップページのDescriptionを設定出来ます。検索から来るユーザーにとってサイトを訪れるかどうかを決める大事な部分ですのでちゃんと設定しましょう。こちらは設定しないと空欄となりますので注意。

ホームキーワード(コンマで区切る)

トップページのMETAキーワードを設定出来ます。しかし現在ではあまりSEOとしての効果はMETAキーワードキーワードにはありませんので自分のサイトの関連キーワードを3~4個書きましょう。

 

Canonical URLs

All in One SEO - Cloud Nine 海辺で昼寝の気まま生活2 - WordPress

Canonical URLs

重複コンテンツとしてのペナルティを受けないようにするためにcanonical(カノニカル)属性を設定します。これはwww有り無しやindex.html有り無しなどにより重複するページをどれが正規URLなのかを宣言してペナルティを避けることができます。

実際にcanonical(カノニカル)属性をページに記述する場合にはheadタグ内に

 と全てのページに記述する必要があります。

勝手に上手いように処理してくれますのでチェックを入れましょう。

 

投稿タイトル、固定ページタイトル、カテゴリータイトル、アーカイブタイトル、タグタイトル、検索時タイトル、詳細、404エラータイトル、固定ページのフォーマット

これは上の【タイトルを書き換える】にチェックを入れた場合にそれぞれのページタイトルのフォーマットを設定出来ます。

デフォルトでOKですが投稿タイトルのフォーマットだけ、サイトタイトルに重要なキーワードを含んでいない場合にはpost titleだけにすることをオススメします。

 

Google Analytics ID

ここにGoogle Analytics IDを入れるとサイト解析ができますが、個人的にはUltimate Google Analyticsのプラグインをオススメします。

 

カテゴリーをnoindexにする、アーカイブをnoindexにする、タグをnoindexにする

その名の通りnoindexとは検索エンジンにインデックスをされないようにするための属性です。

こちらも重複コンテンツとみなされやすいカテゴリー、アーカイブ、タグのページのインデックスを手軽に出来ないようにしてくれます。こういったページは実際自分のサイトで確認していただければわかると思いますが代わり映えがしない場合が多く、無用な検索エンジンからの減評価を防ぐためにもチェックを入れておきましょう。

ちなみに実際にページに記述する場合はheadタグ内に

と記述しましょう。

 

投稿ページにおけるAll in One SEO Packの設定

All in One SEO Packをインストールすると投稿ページでも設定欄があります。

新規投稿を追加 - Cloud Nine 海辺で昼寝の気まま生活 - WordPress

 

表示されていない場合は上部の表示オプションタグを開きAll in One SEOにチェックを入れて下さい。

ここでは新規投稿を追加する場合に常に設定をする必要があります。

 

タイトル

タイトルタグに記事タイトルと別のタイトルを設定したい場合に設定できます。何らかの理由で記事タイトルを短く簡潔にしたい場合やキーワードを盛り込んでタイトルにしたい場合に利用して下さい。空欄でもそのまま記事タイトルがタイトルタグに入るますので空欄でもOK。

 

詳細(Description)

タイトル同様、Descriptionを設定できます。こちらは抜粋がない場合は設定をしたほうがベターですがうまくまとめられない場合は空欄でも可。その場合は検索した時によく見る、該当キーワード付近の情報が表示されます。

 

キーワード

投稿ページのMETAキーワード設定をしたい場合はコチラに記述します。

 

このページ・投稿には利用しません

ここにチェックを入れると「All in One Seo」がこのページに対して作動しなくなります。(先ほどの全体設定を含んだ全てです)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?最初に設定する部分が多く感じられますが実際はそんなに設定するところはありません。

WordPressの良い所はいろんな人が開発した、有用なプラグインが豊富にあるところです。少しの労力でリターンを得ることができますので活用してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

Tetsu

都内で働くWebディレクター。ディレクターになる前は某アパレルブランドにて勤務。「なんとなくおもしろい」という理由でこの業界にいる。このブログもなんとなく続けてます。Twitterはやっていません。